クレジットカードのポイント・特典でお得生活
クレジットカード比較サイト|CLstyle

クレジットカードの有効期限について

全てのクレジットカードには有効期限が設けられており、有効期限を過ぎたカードは利用できません。
しかし有効期限が切れたからと言ってカード会社との契約が切れ、クレジットカードが利用できなくなるというわけではなく、有効期限はそのカードが利用できる期間を指しています。

有効期限の確認方法

クレジットカードの有効期限は、一般的にカード表面の中央より下に、「有効期限」もしくは「THRU」という文字が記載されており、その付近に「10/18」などの数字で表現されています。
カードによっては「10-18」という書き方のものもありますが、この場合、2018年の10月を指しており、そのクレジットカードの有効期限は2018年10月という意味になります。

有効期限への対応について

有効期限を過ぎたクレジットカードは利用できなくなってしまいますが、そうなる前に、カード会社から登録住所宛に新しいカードが郵送で送られてきます。その新しいカードにはポイントなどが全て引き継がれており、直ぐに利用できる状態になっています。

一般的に新しいカードが利用可能であることが確認できた時点で、古いクレジットカードは所有者自身が細かく切り処分します。
具体的な対応については新しいカードと一緒に案内状が送られますので、確認してから対応しましょう。

なぜクレジットカードに有効期限が設けられているのか

クレジットカードは財布に入れて利用することが多く、財布から出し入れするたびに摩耗し、印字された文字が読みにくくなったり、ICチップや磁気テープの劣化による読み込みエラーが発生することもあります。
また、クレジットカード犯罪は年々巧妙化しており、古い仕様のカードのままでは新しい手法のカード犯罪への防犯対策が備わっていません。
古い仕様のカードを使い続けることはカード犯罪へのリスクが高く、これらの事態を回避し安全に利用できるように、有効期限によって強制的にカードを交換させる仕組みになっています。

他の記事を読む
クレジットカード比較