クレジットカードのポイント・特典でお得生活
クレジットカード比較サイト|CLstyle

クレジットカードの解約方法と解約前に知っておきたいこと

増えすぎたクレジットカードや不要なクレジットカードを整理するなど、クレジットカードを利用していると解約についても検討する機会があるかと思います。クレジットカードは所有者の判断でいつでも自由に解約することができますが、解約のタイミングを間違えると、時に損をする場合もあります。
このページではクレジットカードの解約方法や、解約する前に事前に知っておきたいことについてまとめています。

クレジットカードの解約方法について

クレジットカードの解約方法は、申込した時と比べはるかに簡単です。カード裏面に記載のカスタマーセンターに電話し、解約したいと伝えるだけで手続きができます。その際、解約理由を聞かれることがありますが、その理由によっては解約してもらえない、ということはありません。

クレジットカードを解約するタイミングについて

上記のようにクレジットカードの解約手続きは非常に簡単ではありますが、解約した場合、そのクレジットカードに付随したもの全てに影響が出ます。

・分割払いの利用残高
クレジットカードを解約する際、分割払い分の利用残高が残っている場合には、解約した時点で、残りの残高を全て一括で支払うことが求められます。
そのため、金銭的な余裕がない時には解約のタイミングをずらしたほうがよいでしょう。

・ポイント
クレジットカードを解約すると、そのクレジットカードで貯めたポイントが全て失効してしまいます。急ぎで解約したい理由がない限りは、ポイントを使い切ってから解約するのがオススメです。

・年会費
年会費は年に1回だけカード会社へ支払う会員費ですが、どの時期に解約したとしても支払った年会費は一切戻ってきません。また、日割り計算による返金も行っていません。

・設定していた定期払い
公共料金などの定期払いをクレジットカードで設定していた場合、そのクレジットカードを解約することで、設定していた定期払い全てが解除されてしまいます。その場合、各支払先での再度支払方法の手続きをする必要があります。これ自体は手間が掛かるだけで損をすることは特にありませんが、万が一手続きを忘れてしまった場合、定期払いしていた先で未払いが発生し、思わぬ損失が出てしまう可能性もあるため、解約前には事前に確認しておくことをオススメします。

・追加カード
本カードの解約に伴い、ETCカードや家族カードなどの契約も自動的に解約となります。そのため、普段から利用している追加カードがあれば解約を再検討するか、別のクレジットカードで同じ機能の追加カードを用意するなどしておきましょう。

他の記事を読む
クレジットカード比較