クレジットカードのポイント・特典でお得生活
CLstyle

海外で利用した時に発生するクレジットカードの手数料について

旅行や出張など海外へ訪れる際には、その国の通貨へ両替して現地の現金を用意する必要があります。しかし、クレジットカードがあれば両替の必要なく、手持ちのクレジットカードの国際ブランドの加盟店であれば、どこでも支払いができるため、非常に便利です。しかし便利な反面、手間の掛かる手続きはカード会社が担っているため、海外で支払いするたびに手数料が発生してしまいます。

海外利用時に発生する手数料の種類について

クレジットカードを海外で利用した場合には、日本国内での利用時とは異なり、いくつかの手数料が発生します。

1つ目は、カード会社へ支払う手数料です。カード会社によって国際取引手数料や事務手数料などの表現で表しています。この手数料は、通貨の異なる取引で発生する作業をカード会社が行うため、それに対しての事務費用となります。なお、カード会社によって手数料の額は異なります。

2つ目は異なる通貨で取引を行うために発生する通貨の換算による手数料で、為替レートに基づきカード会社が定めたレートによって発生します。

海外利用時の請求額について

通貨の異なる取引をした場合には、為替レートによって日本円に換算された請求額が発生しますが、このレートは日々変動しています。また、買い物をする際に為替レートを確認したとしても、その日のレートで請求額が決まるわけではありません。海外の加盟店でクレジットカードを利用した場合、その情報がカード会社へ届くまでに数日要すると言われています。換算される為替レートは、カード会社へそのデータが届き処理された日のものが適応されるため、カード決済した当日の為替レートとは若干の差が請求額に反映されてしまいます。

クレジットカードを海外で利用するために

クレジットカードはその国際ブランドの加盟店であればどのお店でも利用できますが、一部のクレジットカードや一部のカード会社では、海外で利用することを事前に申請する必要があります。この場合、申請していなければ、そのクレジットカードは海外で利用することはできません。

他の記事を読む
クレジットカード比較