クレジットカードのポイント・特典でお得生活
CLstyle

本カードとは別途持てる追加カードとは

追加カードは、ひとつの契約で発行される本カードとは異なり、別途発行してもらうことができるカードです。

追加カードの種類は、家族に対し発行可能な家族カード、オンライン決済に特化したバーチャルカード、ETCカード、鉄道サービスに特化したカード、電子マネーとして利用できる「Apple pay」・「Pitapa」・「WAON」などがあり、提供されている種類は発行会社によってさまざまです。

また、法人用クレジットカードとして発行されているカードには、家族カードに代わって、従業員カードと呼ばれる追加カードも提供されています。

追加カードの仕様について

追加カードは本カードの契約者が別途申し込むことで発行してもらえるカードであり、追加カードのみの発行はできません。各カードが利用できる金額の上限はカード会社によって異なりますが、基本的に本カードの限度額を超える金額は利用できない仕組みとなっています。

また、月々支払いは、本カードとまとめて請求が発生し、家族カードのように別名義のカードであったとしても、本カードの契約者宛にまとめて請求が行われます。明細についても、本カードの契約者宛に発行されるのが一般的です。

年会費については無料のものと有料のものがあります。同じ機能の追加カードであったとしても、カード会社によっては無料であったり有料であったりと異なる場合があります。

追加カードを利用するメリット

追加カードはETCカードのように一部の決済に特化したカードが多くあり、決済をより簡潔化するなどの特徴をもっています。そのため、そのサービスを頻繁に利用するようであれば、非常に便利なカードと言えます。また、追加カードで支払った金額に応じて、本カードと同じようにポイントを貯めることができます。

追加カードの申請方法

追加カードの発行は、本カードの契約が前提のため、改めて個人情報を提出するような本カードみたいな審査は行われません。しかし、各追加カードごとに、年齢など対象となる一定の条件を設けているため、その条件さえクリアしていれば、問題なく発行してもらうことができます。 カード会社によっては異なる場合がありますが、最も手軽な申請方法は、クレジットカードのオンラインアカウントで個人ページから申し込む方法ですが、電話でカスタマーサポートへ問い合わせる方法でも申込が可能な場合もあります。

他の記事を読む
クレジットカード比較