クレジットカードのポイント・特典でお得生活
CLstyle

クレジットカードのセキュリティコードの役割と使い方

セキュリティコードは、クレジットカードの表面、もしくは裏面に記載されている3,4桁の数字であり、名前の通りセキュリティの役割を担っています。

セキュリティコードの役割とは

セキュリティコードはクレジットカードの不正利用防止の効果を高める目的があります。主に、インターネットや電話でクレジットカード決済する際に利用するもので、申告されたクレジットカード情報が実際に存在するものなのか確認し、存在しない架空のクレジットカードで請求されるリスクを軽減してするために利用されています。
また、磁気データとして含まれていない情報であるため、スキミングなどによって磁気データからカード情報が盗まれてしまった場合にも盗まれない情報であり、カードそのものが盗まれたり、セキュリティコードを目視されない限りは、不正利用を防ぐことが可能です。

しかし、セキュリティコードによる確認は、クレジットカードの正当な所有者であるという確認ではなく、あくまで手元にクレジットカードを所持しているかという確認であるため、クレジットカードそのものを盗まれてしまったなど、なんらかの理由でセキュリティコードまでバレてしまった場合ではセキュリティとしての効果は望めません。
また、一部の国の店舗では対面での取引でもセキュリティコードを必要としている場合もありますが、日本では対面での取引では求められず、オンライン上でも不要としているネットショップなども存在しているため、セキュリティコードの存在が100%活用され、不正利用を防止できているというわけでもありません。

セキュリティコードの記載場所

セキュリティコードの呼び方や記載場所については、カード会社によって異なります。

国際ブランド 呼び方 記載場所
Visa CVV2(Card Verification Value) カードの裏面の署名欄に記載されたクレジットカード番号の後に3桁で表記
Mastercard CVC2(Card Validation Code) カード裏面の署名欄に記載されたクレジットカード番号の後に3桁で表記
JCB 特になし カード裏面の署名欄の右上に記載されている7桁の数字の内、下3桁
アメリカンエキスプレス CID(Card Identification Number) カード表面のクレジットカード番号の右中央に4桁
Diners Club 特になし カード裏面の署名欄にある数字の下4桁の数字
銀聯 特になし カード裏面の署名欄の右上に記載された7桁の数字の内、下3桁
DISCOVER 特になし カード裏面の署名欄の右上に記載された数字の内、下3桁

セキュリティコードの利用シーン

上で説明した通りに、セキュリティコードはインターネットや電話でクレジットカード決済する場合に求められることが多く、日本国内では対面での入力を求められることはありません。高額な買い物などの場合など一部の取引では暗証番号を求められることがありますが、それは別途自身で設定したものであり、セキュリティコードとは別のものを指しています。

セキュリティコードを不要とする場合もあるため、求められた際には入力が手間に感じる方もいるかと思いますが、入力が求められている場面で入力しない場合には、決済はできません。

他の記事を読む
クレジットカード比較