クレジットカードのポイント・特典でお得生活
クレジットカード比較サイト|CLstyle

クレジットカード番号に割り当てられている意味について

クレジットカード番号は、特にインターネットでの決済で入力が求められる情報であり、カードの表面に記載されている14から16桁の番号です。
この番号は、各桁数ごとで意味が割り振られていますが、特に知らなくてもクレジットカードの利用する上では全く問題ありません。

このページでは、豆知識としてクレジットカード番号の意味について説明しています。

クレジットカード番号の桁数について

ほとんどのクレジットカードは16桁の番号で構成されていますが、ダイナースクラブは14桁、アメリカン・エキスプレス15桁の番号で構成されています。
また、16桁の番号の場合には4桁ごと、14桁の場合には4・6・4桁、15桁の場合には4・6・5桁で区切られています。

発行会社 桁数 区切り
ダイナースクラブ 14桁 4・6・4
アメリカン・エキスプレス:アメックス(amex) 15桁 4・6・5
その他の発行会社 16桁 4・4・4・4

1から6桁目までの番号について

クレジットカード番号の1桁目から6桁目の一連の番号を「発行者識別番号」とよばれており、カードの発行会社を表しています。例えば、4の番号はVisa、34や37の番号はアメリカン・エキスプレス、3528~3589の範囲の番号はJCB、となっています。 また、先頭の1桁目については、「主要産業識別子」と呼び、そのカード発行会社がどの産業に属しているかを以下の表のように表しています。

1桁目の番号 産業
1、2 航空関連
3 旅行、エンターテインメント、金融関連
4、5 金融関連
6 運輸、金融関連
7 石油関連
8 医療、通信業界
9 国ごとで定義

7桁目から最終の2桁目までの番号について

14桁のクレジットカードの場合7桁目から13桁目、15桁のクレジットカード番号の場合7桁目から14桁目、16桁のクレジットカード番号の場合7桁目から15桁目の番号を「会員口座番号」と呼びます。これは各利用者ごとに異なる番号が割り振られており、同じカード会社から発行されたものであれば同一のものはありません。しかし発行会社が異なるクレジットカードであれば同一の番号のものも存在します。

最後の1桁の番号について

最後の1桁の番号は「チェックディジット」と呼ばれるもので、入力ミスなどがないかなど、そのクレジットカード番号が正当なものか判断するために割り振られている番号です。この番号はあるアルゴリズムによって、最後の1桁以外の番号より算出されており、チェックディジットと算出された番号が不一致であれば、そのカード番号が不適切なカード番号として判断される仕組みとなっています。

他の記事を読む
クレジットカード比較